結婚指輪の形、素材はどんなのがあるの?

結婚指輪の形はシンプルな中でも指の形に合わせた物を、素材は毎日身につけていても大丈夫な耐久性のあるものを選びましょう。

結婚指輪の形、素材はどんなのがあるの?

結婚指輪というのは、実にたくさんのデザインがあるのですが、その多くは形や素材というのがある程度決まっているものです。

どんな形や素材があるのでしょうか?結婚指輪の形というのは基本的にはシンプルになっているもので、ストレート、ウェーブ、V字、U字などがほとんどです。

ストレートとはその名の通り真直ぐになっているデザインで、男性でも抵抗なくつけられるデザインでもあります。

指輪の幅や丸み、マットなどの輝きで雰囲気を変えることができます。

指が細くて長めの人におすすめです。

ウェーブは緩やかなカーブになっているので優しい印象のデザインになります。

指輪の曲線やうねりの雰囲気で変化を付けることができます。

指が太くて短めの人、細くて短めの人におすすめです。

V字、U字は指にそれぞれの文字のカーブが強調されるデザインです。

ぞれぞれカーブの角度、深さで印象が変わります。

太くて短めの指の人、細くて短めの指の人にお勧めです。

結婚指輪の素材には、プラチナ、ゴールドが人気ですが、その他にもチタンやシルバー、ジルコニウムなどもあります。

日本ではプラチナが安定の人気がありますが、プラチナは加工がしやすいだけではなくて、品質が高く、変色しにくい、アレルギーを起こしにくい、変形しにくいなど、つける時間が長い結婚指輪にとっては良い条件が揃っています。

最近はゴールドも人気が高まっていて、その中でも銀に銅を配合しているピンクゴールドが人気があります。

プラチナよりも肌色に馴染みやすいこと、上品な印象があることがその理由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚指輪事情通サイト Copyright (C) www.iamheresy.com. All Rights Reserved.